令和4年度精神科医療体制確保研修事業実施要項

【精神科病院における安心・安全な医療を提供するための研修(CVPPP1日研修)】

一般社団法人日本公的病院精神科協会では、令和4年度精神科医療体制確保研修(精神科病院における安心・安全な医療を提供するための研修)事業国庫補助の内示を受け下記のとおり研修事業を実施します。

事業名

令和4年度精神科医療体制確保研修
(精神科病院における安心・安全な医療を提供するための研修)事業

Ⅰ.事業概要

精神科医療に従事する多様な職種を対象に、医療安全を推進し、患者の人権擁護及び精神科医療の質の向上を図る為、暴力に対応する際の基本的な考え方、発生予防への取り組みと状態の評価、実際に暴力が発生した際の対応を、包括的暴力防止プログラムを中心に学ぶ基礎研修とする。

Ⅱ. 研修会

    • 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響のため、受講者の皆様の感染防止に考慮し、集合・オンラインのハイブリッド型で実施します。
    • 5回ともプログラム内容は同じです。

≪ 研修スケジュール ≫

  • ハイブリッド型研修
  • オリエンテーションの時間までに、ご参加ください。
  • 講義の時間は進行状況により変更する可能性があります。
時 間プログラム内容
8:50 ~ 9:00オリエンテーション
開会のあいさつ
09:00 ~ 12:001.講義 信州大学 下里誠二
  1) 安全・安心の精神科医療
  2) 攻撃性マネジメントトレーニングとは
  3) 包括的暴力防止プログラムによる安全安心な医療
    (途中休憩が入ります)
12:00 ~ 13:00昼食 休憩
13:00 ~ 14:003.「リカバリーとクライシス」
   WRAP®アドバンスファシリテーター増川ねてる
14:00 ~ 14:10休憩
14:10 ~ 15:104.演習「リスクを考慮した安心のためのサポート方法」
   CVPPPインストラクター
15:10 ~ 15:20休憩
15:20 ~ 16:205.当事者会活動と入院環境に望むこと
   精神障害当事者会ポルケ代表理事 山田悠平
16:20 ~ 16:25まとめ
16:25 ~ 16:30閉会

Webで参加の方へ

  • 通常は画像、マイクをオフにしてご参加ください。セッションなどによってはご発言いただける場合があります。その際にはできるだけ画像、マイクをオンにしてください。
  • 途中演習があります。できるだけ複数の方で一緒に参加してください。お一人での参加もできますが、その場合演習、ディスカッションに参加できないことがありますのでご了承ください。

<目的>

精神科医療に従事する多様な職種を対象に、医療安全を推進し、患者の人権擁護及び精神科医療の質の向上を図る為、暴力に対応する際の基本的な考え方、発生予防への取り組みと状態の評価、実際に暴力が発生した際の対応を、包括的暴力防止プログラムを中心に学ぶ

(一社)日本公的病院精神科協会

主催開催分 

ー 全部で5回開催します。ー

研修実施日及び申込期日

1日 時:令和4年10月1日(土) 8:50~16:30
会 場:信州大学及びオンライン
受付期間:令和4年9月5日(月)11時~令和4年9月19日(月)16時
2日 時:令和4年11月12日(土)8:50~16:30
会 場:信州大学及びオンライン
受付期間:令和4年10月3日(月)11時~令和4年10月31日(月)16時
3日 時:令和4年12月24日(土)8:50~16:30予定
会 場:群馬県立精神医療センター及びオンライン
受付期間:令和4年11月14日(月)11時~令和4年12月12日(月)16時
4日 時:令和5年1月28日(土) 8:50~16:30予定
会 場:岡山県精神科医療センター及びオンライン
受付期間:令和4年12月26日(月)11時~令和5年1月16日(月)16時
5日 時:令和5年2月19日(日) 8:50~16:30予定
会 場:肥前精神医療センター及びオンライン
受付期間:令和5年1月30日(月)11時~令和5年2月13日(月)16時

受講までの流れ・受講のキャンセル方法

定員オンライン参加者数 各300名程度
会場参加者数 1回及び2回は各会場10名程度、3回~5回は各会場40名程度
参加費無料
受講対象者精神科病院に勤務する全職種(事務、看護助手等含むすべての職種)、または関係機関の方。
お申し込み方法
(1)下記『精神科医療体制確保研修(厚生労働省補助事業)』の研修受付フォームからお申込みください。
受付フォームはこちら
第3回(令和4年12月24日(土)開催)を受付中です。
cvppp2022
https://forms.gle/LZUt1h26umdtAjJb6
(2)オンラインでの参加をご希望の方は、途中演習時間がありますのでなるべく同一場所で複数の人数でご参加ください。(この際申し込みは全員が行っていただき、受講端末メールアドレスは同一のPCで受講する方は同じものを記載してください)。お一人での参加もできますが、演習の際などに不便をおかけすることになりますことご承知おきください。)
※ 集合での研修をご希望の方につきましては新型コロナウイルス感染症の感染対策状況によって、集合ではなくなる可能性がありますこと、ご承知おきください。その際にはオンラインでご参加いただけます。
受講のキャンセル
研修受付入力後にキャンセルをする場合は、日本公的病院精神科協会のメールアドレスにその旨を明記してメールをお送りください。
※ 日本公的病院精神科協会メールアドレス: jpap@kouseikyo.jp
受講にあたって
オンラインでご参加の方は以下の物品・環境を整えていただくようお願いいたします。
  • パソコン
  • ウェブカメラ(パソコンに内蔵のもので可)
  • スピーカー(パソコンに内蔵のもので可)
  • マイク(パソコンに内蔵のもので可)
※PCの問題、オンライン接続環境が整っていない場合等、接続に関するサポートは行っておりませんのでご了承ください。
※アンケートについて…終了時にアンケートにご協力ください。

Ⅲ.その他

本事業研修修了者には修了証を発行します。
発行に関しての詳細なお知らせは、受講決定後に通知いたします。

お問い合わせ先

(一社)日本公的病院精神科協会 事務局
岡山県精神科医療センター内
電話:086-225-3821
直通携帯:080-2928-4837 Fax:086-236-2639
Email:jpap@kouseikyo.jp